2017年最新モデルのCarryMe(キャリーミー)を全力で自慢する。

f:id:hase9822:20170819194121j:plain

 

私の兄が最近猛烈に自転車にハマっていて、あろうことか、「自転車買ってあげるから、お前も一緒にツーリングをしろ」的な感じで巻き添えを喰らった。未だかつて、これ程太っ腹な我儘を聞いたことがあるだろうか。私はポーカーフェイスを気取りつつ「それ程言うんなら受けて立とうじゃないか【本当に買ってくれるんならツーリングにでもどこでも行ってやろうじゃないか】」と生意気な口を叩いた。結果的に私は、1台10万円程するミニベロ「CarryMe(キャリーミー)」をGETした。

 

【過去記事】兄が社会人になった。彼には自分の実力を遺憾なく発揮してほしいと思う。 

 

f:id:hase9822:20170819193927j:plain

 

「CarryMe(キャリーミー)」を選んだ理由は主に3つある。ひとつは『折り畳める』ということ。ロードバイクではなくミニベロ(折り畳み自転車)を買う理由はこの一点に集約される。折り畳むことができれば、輪行(電車に乗せて運ぶこと)が可能になり、ヒッチハイクでの移動にも持って行くことができる。これからは、『ホワイトボード』『テント』『GREGORYのリュック』『CarryMe』がヒッチハイクの四種の神器となる。この四種の神器が揃えば、もはや移動にも宿にも困らない。ヒッチハイクでなかなか捕まらない時にはミニベロで移動をし、気に入った土地が見つかればそこで野営をする。ちなみに言うと、最近の関心事は『書道』で、書道用具一式を持って行くことができれば、モダンアーティスティックサバイバル的なライフを送ることができる。

 

f:id:hase9822:20170819194015j:plain

 

もうひとつの理由としては『最小・最軽量』ということで、ミニベロの中でもCarryMeは最小・最軽量を誇っている。折り畳み時の横幅は約30cm、高さはだいたい90cmで、重量はおよそ9kg。部屋の隅っこにちょこんと飾れるので収納に困らず、車にも積みやすいサイズとなっている。

 

f:id:hase9822:20170819194209j:plain

 

特筆すべきはそのタイヤの大きさで、タイヤサイズがなんと8インチとなっている(1インチが2.54cmなので8インチは20.32cm)。

 

f:id:hase9822:20170819194218j:plain

 

 さらにオプションとしてCarryMe専用バッグを買えば、持ち運びが捗る。

 

f:id:hase9822:20170819194140j:plain

 

 

f:id:hase9822:20170819194005j:plain

 

3つ目の理由としてはやはり『デザイン』ということになるのだろう。極小の8インチタイヤもさることながら、ディープブルーキャンディ色のフレームがプリティさを引き立てる。私は何かと黒を選びがちな傾向があるのだが、CarryMeに関しては『ブルー』に一目惚れをした。好きな色は『黒と青』で決まり。

 

f:id:hase9822:20170819193953j:plain

 

ケツについているキャリータイヤもちゃっちくて可愛い。

 

f:id:hase9822:20170819193927j:plain

 

こちらのCarryMeですが、一度乗ってみたいという方がいらっしゃれば無料でレンタルをします。ご連絡はTwitterまたはFacebookにてお願いします。

 

 

f:id:hase9822:20170819194111j:plain