クソガキのままでいたい。

8月が始まりました。

スポッチャをオールすると体の節々が悲鳴を上げます。特にケツが猛烈に痛くて、座ろうとする時も立ち上がろうとする時も執拗な痛みがついて回ります。おかげで「あ、ケツの筋肉って結構重要なんだな」ということに気が付きました。ありがとうございます。というわけで今現在タイピングしかやれることがありませんので、ブログを書くことしかできません。よろしくお願いします。

 

 

モンゴル民族

8月2日(水)~8月5日(土)まで、北陸へ参ります。テーマは『野営』で、宿泊地はテント(日本海岸沿い)になります。夏という季節の素晴らしいところは『どこでも寝れる』ということで、誰でもモンゴル民族【移動民族】に変身することができます。

 

食糧は主に『お米』になります。好日山荘にいい感じの飯ごうが無かったので、Amazonのお急ぎ便で飯ごうを購入しました。水の調達は、山の水(!)ということで、コーヒーフィルターとかでろ過(適当!)をして、お米炊きに使用しようと思います。魚とかも焼きたいんですが、どうなるかはわかりません。日本海岸沿いでテントを見かけましたら十中八九ワタクシだと思われるので、誰か食糧を置いていってくれたら幸いであります。

 

 

クソガキの戯言

「社会に出たこともないくせに」とか「働いたこともないくせに」とか「今のうちに遊んどけ」とか散々なことを言われることがあるのですが、そういう大人たちを見ていると「え、じゃぁ僕、社会に出たくないし働きたくない【あなたみたいにはなりたくない】」ということを思います。

 

今はまだ自分の肌身を通して実感することのできないもの(社会だとか仕事だとか)を取り上げて、暗に不安を織り交ぜて煽ってくるような発言が割と嫌いです。

ドラマとかでもよく聞く「大人になったらわかるよ」とか「まだまだお前にはわからねぇよ」とかいうアレです。

身長2mの巨人がお菓子を持ってぶらさげて、5歳児の子供を馬鹿にするあの感じです。

泣くことしかできない赤ん坊に特殊相対性理論を解説するあの感じです。

 

だったらお菓子なんか要らないし、特殊相対性理論なんかどうでもいい。yeah

 

 

クソガキのままでいたい

夏という季節の素晴らしいところは『火を焚いたら汗が凄い』ということで、汗をダラダラ垂らしながら、お米のありがたみを実感したいなと思います。火を起こしてお米を炊くという経験を通して、ワタクシに宿っているはずの日本人的精神を取り戻しつつ、なにかこう、精神的に穏やかになれたらいいなあということを思っています。

 

精神的に穏やかにはなりつつも、雨にも負けず風にも負けず、クソガキの精神は決して忘れず、くだらない屁理屈をブツブツ唱えながら海へ帰ろうと思います。クソガキのままでいたい。

 

 

移動手段はもちろんのことヒッチハイクになりますので、短期間にはなりますが、ヒッチハイクでこれからお世話になる方々、何卒よろしくお願いいたします。それでは。