狩猟初心者がわな猟免許を取得するまでの流れを徹底解説!

この度はせがわは、平成29年7月22日(土)にて、わな猟免許を取得することができました。イェア

この記事では、わな猟免許を取得するまでの流れを解説するとともに、試験の種類や難易度、免許取得までにかかる費用など、気になる疑問にもズバズバお答えしていこうと思っております。

 

先に免許取得までの大まかな流れを書いておくと、こんな感じ。

 

1・狩猟免許講習会に参加する

2・狩猟免許試験に申請する

3・狩猟免許試験を受ける

 

講習会の内容や申請の仕方、実技試験などは都道府県によって異なりますが、どこの都道府県もだいたいの流れとしてはこんな感じだと思われます。

 

どうですか?非常に簡単そうじゃないですか?

そうなんです、簡単なんです。スリーステップなんです。

 

1・狩猟免許講習会に参加する

まずは講習会に参加しましょう。初心者は必ず参加するようにしましょう。

「俺、講習会参加せずに試験受けるわ」とか強がりを言うのはやめましょう。98%落ちます。

 

▼兵庫県狩猟免許講習会の詳しい内容についてはこちらを参照▼

www.jiyu-hajikeru.com

 

 

初心者が狩猟免許講習会に参加するメリットは主に2つ。

①免許試験と連携したテキストがもらえる

f:id:hase9822:20170604225723j:plain

狩猟に関する法律や狩猟鳥獣に関する知識などがまとめられた教材&例題集がもらえます。

これらに書かれてあることを、テキストをもらわずして初心者が一から勉強することは相当難しいでしょう。

受験生になりきったつもりで、頑張って勉強してください。

 

②実技試験の練習ができる

f:id:hase9822:20170604225931j:plain

わな猟免許を取得するためには実技試験というものがありまして、兵庫県の講習会では「はこわな」の設置の仕方を教わることができます。

初心者が本番の実技試験ではこわなの構造を瞬時に理解し、設置することはほぼほぼ不可能だと思われます。

ましてや銃猟免許を受けようとする人は、銃の分解や結合などの実技試験があるため、講習会を受けずして合格するのは無理でしょう。

 

 もはや初心者が講習会を受けない理由は、ありませんね。

 

2・わな猟免許試験に申請する

兵庫県の狩猟免許講習会に参加すると、「狩猟免許申請書」や「医師の診断書」など、その他申請に必要な書類が配布されます。(※講習会に参加しない場合での受け取り方法は各都道府県の猟友会HPでご確認ください)

f:id:hase9822:20170604230037j:plain

この申請書に必要事項を記入して、なんかよくわからんけど銀行に行って収入証紙とやらをもらいに行きます。(※兵庫県では免許試験の申請に5200円かかります)

 

そして、なんかよくわからんけど病院に行って医師の診断書を書いてもらいに行きます(汗)

f:id:hase9822:20170722182805j:plain

精神的に大丈夫な人間なのかどうか、薬物はやってないかなどを確認するためですね。 

 

 

さらに、受験票に顔写真を貼らないといけないので証明写真を撮りに行きます。めんどくせぇなぁ…(疲)

 

 書類を全部書き終わったら、特定記録郵便と呼ばれているなんかよくわからない方法で郵送をするか、直接県庁に出向いて書類を提出しに行きます。

 

ちなみに私は好奇心が爆発をしたために、直接県庁に出向いて提出しました。

 

書類の提出が済むと、後々受験票が送付されます。受験票をもらって初めて、ようやく受験資格が与えられるというわけですね。しんどいわ…。

f:id:hase9822:20170722173731j:plain

というわけで、申請は非常にめんどくさいです。正直、試験なんかより申請の方が難しかったりします。なんじゃそら。

 

 

3・わな猟免許試験を受ける

さぁ試験当日です。

f:id:hase9822:20170722173715j:plain

ついにやって参りましたね。

f:id:hase9822:20170722173705j:plain

それでは、試験内容がどんな感じなのかを簡単にレポートします。(※都道府県によって試験内容は異なります)

 

①知識試験

まず最初に行われるのは、知識試験です。と思いきや適正検査も一緒に行われます。

司会・進行をしている人の声が聞こえるかの聴力、屈伸や挙手などの運動能力など、かなり基礎的な検査が行われます。検査と呼ぶのかも怪しいですが、健常者であれば心配する必要はないでしょう。

その後は90分間の知識試験。

狩猟に関する法律や狩猟鳥獣についての知識(猟具に関する知識以外)は、網・わな・第一・第二銃猟免許問わず共通だと思われます。

普通に勉強していれば落ちることはないでしょう。

 

①適正検査(視力検査)

視力検査が行われました。私が最も恐れていた検査です。

網・わな猟であれば両眼で0.5以上、第一種・第二種銃猟の場合は0.7以上の視力が求められます。

私は幸い0.5ギリギリで合格しました。視力検査で落とされたとかマジで恥ずかしいので本当に良かった。マジで良かった。

 

※合格発表

知識試験と適正検査の結果をふまえて、合格発表が行われます。ここで落ちてしまいますと当然、実技試験は受けられません。

 

③鳥獣判別

鳥獣の描かれた絵を見て、狩猟鳥獣なのか非狩猟鳥獣なのかを判別します。

兵庫県の免許試験では、狩猟鳥獣ならその動物名を、非狩猟鳥獣なら「ちがう」と記入します。(※都道府県によって解答方法異なる)

間違って非狩猟鳥獣の名前を書かないように気を付けましょう。

 

④猟具の架設&猟具の判別

前述したように「はこわな」を架設します。

こんなやつですね。

f:id:hase9822:20170604225931j:plain

仕組みが分かれば誰でも五秒でできます。

リラックスして挑みましょう。

他にもくくりわなの設置を選択することもできますが、はこわなの設置が最も簡単だと言われています。

 

続いて猟具の判別。

猟具が5つほど用意されていて、それが使用可能なのかどうかを答えていきます。

どれもテキストで見たやつですので、難なくクリアできるでしょう。はい楽勝。

 

 

合格発表(狩猟免状の交付)

 合格発表の後、その日に狩猟免状が交付されます。

この免状を受け取った瞬間、猟師になったというわけです。やったね!

 

 

続いて疑問編!

 

難易度はどのくらい?

知識試験では、例題集と似たような問題が30問出てくるので非常に簡単。試験時間は90分設けられていたのですが、わたくし、5分程度で終わりました(ドヤ顔)。

鳥獣判別も猟具の架設・判別もダイジョブ。難易度はどれも星1つ。

緊張はしますが、安心してください、講習を受けたあなたはきっと合格しています。

 

お金はどのくらいかかるの?

え~とですね、それがですね、残念ながら、結構お金要ります

とりあえず、兵庫県でわな猟免許を取得するまでにかかった費用を列挙していきますね。ちなみにこれも都道府県によって異なりますので、各都道府県猟友会HPでご確認ください。

 

・狩猟免許講習会参加費(教材含む) 1万円

・狩猟免許申請費 5200円

・医師の診断書(診察代) 5000円程度

・郵送代・交通費・証明写真など 2000~5000円程度

 

 

お分かりでしょうか。余裕で2万超えてます。たけーわマジで。

知ってた?医者ってね、診断書にハンコ押すだけで5000円もらえるんだよ、凄い職業だよね。

免許取った後も狩猟税、狩猟登録費、猟具代などなど、いっぱい、金、とられます。

いやぁ~、狩猟ってたばこよりも金のかかる嗜みだと思う。

 

年齢層、男女比はどのくらい?

ズバリ!!!おじいちゃん!!ドドーン!

 

40代~の男性が圧倒的に多いですね。

ちらほら20代30代男性がいたりします。

10代男性なんかは希少種で、ましてや女性なんかは特別天然記念物です。

 まだまだ男社会・おじいちゃん社会ではありますが、今後狩猟人気はますます上がっていくことでしょう!知らんけど

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

「結構お金かかるみたいだし申請めんどくさそうだからやっぱ狩猟やめとくわ」「ていうかそもそも狩猟とか興味ねぇし」と思ったそこのあなたは正常な人間です。

「これで疑問は解消されたし、狩猟講習会に行ってみよう!」と思ったあなたはちょっと頭がおかしい人です。

 

私はどちらかというと正常な人間なのですが、残念ながら狩猟に興味を持ってしまいました。

まだまだ免許とりたての狩猟ど素人なので、日々勉強に励み、精進して参りたいと思っております。

 

レッツハンティング~