眠れない。

 

私は最近、眠れない。

 

 

 

どうしてだろうか、

 

 

眠ろうと思ってまぶたを閉じても、そこには真っ黒なまぶたの裏が見えているだけで、全然眠れない。

 

 

 

最近ハマり出したクラシック音楽を聴いても、全く眠れやしないではないか。

 

 

羊の数を数え始めたら一体何万匹になるのだろう。

 

 

 

 

 

やだどうしよう、

 

 

 

 

 

 

 

眠り方を忘れてしまった。

 

 

 

 

 

 

普段からおっちょこちょいな私は、小学生の頃からランドセルを忘れるということはしばしばあったけれども、まさか、この年にして眠り方を忘れてしまうとは思わなんだ。

 

 

 

 

 

 

私はいったいどうやってこれまで眠り続けてきたのだろうか

 

 

 

 

 

 

まず電気を消すだろう。

 

 

 

 

 

そして静かにまぶたを閉じる。

 

 

 

 

 

目はどのようにしてったっけ

 

 

 

 

 

そのままでいいんだっけ

 

 

 

 

 

 

あれ、そのままってことは、まぶたの裏をひたすらに見つめ続けるということではないか、

 

 

 

 

 

 

そんな、

 

 

 

 

 

まぶたの裏を見つめながら眠るなんて、そんなことできるはずがない

 

 

 

 

 

 

よくよく考えてみればおかしなことではないか、明らかなパラドックスが生じている

 

 

 

 

 

あれ、

 

 

 

 

 

そもそも眠るとはどういうことだ

 

 

 

 

 

 

なぜ私は今まで当たり前のように眠っていたんだ?

 

 

 

 

 

ダメだ、疑問がポコポコと湧き過ぎて、脳が完全にフル回転してしまっている

 

 

 

 

 

これはダメなヤツだ

 

 

 

 

 

 

Oh、誰か、

 

 

 

 

 

 

私に眠り方を教えてくれ

 

 

私に、眠り方を、

 

 

 

ねむりかたを、おじえてくれええぇぇぇぇぇえええええええかぃsどいあおdかl;ksdじゃおいs

 

 

 

 

 

 

 

 

という夢を見た。

 

 

 

 

 

 

私は目が覚めた。

 

 

 

 

 

 

部屋はかなり薄暗いけれど、天井も見える。

 

 

 

 

 

 

やれやれ、なんて変な夢だ

 

 

 

 

私は起き上がろうとした

 

 

 

 

 

 

 

あれ、

 

 

 

 

 

 

 

 

起き上がれない

 

 

 

 

 

どうしてだろうか

 

 

 

起き上がろうと思っても、全然起き上がれやしない、身体がビクともしない。

 

 

 

 

部屋にはクラシック音楽みたいな、ゆったりとした音楽?みたいなものが流れているが、全然起き上がれやしない。

 

 

 

 

羊の数を数え始めたら、間違いなく四万匹はいくだろう。

 

 

 

 

 

 

 

やだどうしよう、

 

 

 

 

 

 

 

 

起き上がり方を忘れてしまった

 

 

 

 

 

 

普段からおっちょこちょいな私は、小学生の頃から眠り方を忘れてしまうことはしばしばあったけれども、まさか、この年にして起き上がり方を忘れてしまうとは思わなんだ。

 

 

 

 

 

私はいったいこれまでどうやって起き上がり続けてきたのだろうか。

 

 

 

 

 

まず頭をあげるだろう。

 

 

 

そしてお腹に力を込めて徐々に徐々に背中をあげていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴツン

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ、

 

 

 

 

 

 

おでこに何か当たった。

 

 

 

 

 

なんだこれ

 

 

 

 

 

 

 

 ギギギ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動くぞ

 

 

 

 

 

 

ギギ、

 

 

ギギギギギギギギギ……

 

 

 

 

 

 

起き上がってみるとそこには、

 

 

 

 

 

 

なにやら黒い服を着た大勢の人が、悲しみの表情を浮かべながら椅子に座っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 私の目の前では、禿げ散らかしたおっさんが妙な音楽を唱えているではないか。

 

 

 

 

 

 

こ、これは

 

 

 

 

もしかして!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

END