新・キリスト教~信仰とは【歌い、笑い、踊る】こと~

f:id:hase9822:20170227205642j:plain

春ですね。

温かな春の陽光に包まれて、鳥のさえずりが音楽のように聞こえ始めたら、それは春なのだと思います。歩みを止めて空を見ました。雲が一つもありません。深呼吸をして体の空気を入れ替えます。空気はまだまだ冬の名残を残していて、少しひんやり冷たいのですが、そのひんやり感が心地良い。それは、体の温まったお風呂上がりに、真冬の風を浴びる時の心地よさに似ています。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

本日も引き続き、感じたことを3000字以内で綴っていこうと思います。

 

信仰とは【歌い、笑い、踊る】こと。

f:id:hase9822:20170227205717j:plain

先日、静岡県浜松市の快晴の下でヒッチハイクをしていると、私はとあるクリスチャンの方に拾われました。彼との出会いにより、私は「LIVE CITY CHURCH(ライブシティチャーチ)」で行われるゴスペルライブに参加することになります。そこでは、キリスト教と音楽が見事に融合をしていて、私の中に存在していた『キリスト教』という概念は一瞬にして崩壊しました。

 

f:id:hase9822:20170227205701j:plain

私の通う大学には、必修科目として「キリスト教学」という授業があるのですが、そこで私が抱いたキリスト教への印象は、とにかく「かたい」というものでした。登壇している先生が聖書に解説を加え、テストは暗記で乗り越える。世界史という視点から見ても、キリスト教に限らず宗教というものはすべて「かたい」のだという印象を抱いてきました。

それらの印象が、一瞬にして崩壊します。

f:id:hase9822:20170227205805j:plain

幼い子供から高齢者まで、日本人も外国人も、年齢・国籍に囚われない。この空間を共有している人達が皆、歌い、笑い、踊る。そして聖書を読み、メッセージを授かる。

f:id:hase9822:20170227205821j:plain

LIVE CITY CHURCHのゴスペルライブには、もはや私の知っている「キリスト教」はありませんでした。

 

彼らは、聖書を勉強するのではなく、聖書【神様の言葉】を自らの身体で体現し【翻訳し】、そして日常に溶け込ませるような形で信仰していた【神様の存在を見ていた】ように思います。そもそも彼らは、キリスト教を宗教だとは考えていません。このイベントを主催している人物Mさんともお話させていただいたのですが、「キリスト教は勉強するものではなく、日々の生活の中で(神様の存在を)感じるものです」と話してくれました。信仰とは、【歌い、笑い、踊ること】なのかもしれません。

 

信仰の無いところに神様は無い。

ある人は、「このゴスペルライブに毎週通うようになってから、体調が明らかに良くなったように感じています!」と私に話してくれました。精神の健康は、肉体の健康にも繋がるのだと思います。【歌い、笑い、踊る】という信仰を通して自分の中にある何かが良くなったと感じられることにこそ宗教の意味があり、おそらく、その感覚を覚えることが、神様の存在を感じることなのではないかと、私は勝手に解釈しています。

 

ここで言うのも気が引けるのですが、私は神様などという存在を一切信じておりません。けれども、自分の身に何か良い事が起こった時には勝手に神様を召喚し「ハレルヤ!(神様ありがとう!)」と高らかに叫びます。一方自分の身に何か悪い事が起こった時には中指を突き立てて「神様なんてクソくらえ!」と全力で悪態をつきます。要するに私は、都合の良い時にだけ神様を召喚するという悪癖があり、(言葉は悪いけれど)悪い事が起こった時の言葉のゴミ捨て場として、神様を召喚することがあります。

 

 神様の存在を一切信じていない一方で、都合の良い時にだけ神様を召喚することにはとんでもない矛盾が発生してしまっているのですが、そのようなややこしいことは置いておいて、ゴスペルライブに参加しているクリスチャンを見て私が感じたことは、『信仰の無いところに神様は無い』ということです。

これもクリスチャンでも何でもない私の勝手な解釈になるのですが、神様はもっと本質的な部分に存在しているのだと思います。もしも私が神様という存在を信じるのだとしたら、「全ては自分の意思で突き進んだ人生だ!」と思っている私のような人間にも、神様はその人間を無償の愛によって導いてくれているのだと、そういう風に考えていると思います。人間が考えている事のさらに奥深く、もっともっと本質的な部分から、神様は人間を支えてくれているのだと、そういう風に考えているのだろうなあと思います。

 

ハレルヤ!

神様が私にとんでもないプレゼントを与えてくれました。これはクリスチャンの方に拾われる前のお話になるのですが、私は静岡県浜松市にてとある旅人との奇跡的な邂逅を果たしたのです。彼は60代のおじいさんにして、ロードバイクで三重県から静岡県三島市まで旅をしている方でありまして、あろうことか、今私が最も関心を寄せている猟師でもあったのです。

お互いにバックパッカーということで私達はすぐに仲良くなることができました。おじいさんからはフルーツオレと干し芋をシェアしていただき、私は双眼鏡をシェアしました。何かをシェアし合うということを通して、お互いの心理的な距離は一気に縮まるのだと思います。

私は三月の中旬から四国へ参ろうかと考えていたのですが、「一緒に狩猟に行こう」というおじいさんからの素晴らしい提案を頂きましたので、三月中旬からおそらく末まで、住み込みで狩猟を勉強することになりそうです。胸の高鳴りが止まりません。こんな奇跡があって良いのでしょうか。神様の愛によって導かれているのでしょうか。私は神様などという存在を一切信じてはおりません。しかし、都合の良い時にだけ神様を召喚させていただきます。

ハレルヤ!!

 

 LIVE CITY CHURCHのゴスペルライブは毎週土曜日と日曜日、夕方五時から行われます。

また、LIVE CHURCH SUNZA(ライブチャーチ寸座)の礼拝は毎週日曜日、朝十時から行われます。

興味を持った方、キリスト教の概念をぶち壊したい方は是非。

HCC Live Church | 静岡県浜松市にあるプロテスタント教会「ライブチャーチ」

 

LIVE CHURCH SUNZAの内観。

f:id:hase9822:20170227214409j:plain

子供達が遊べる場所も用意されています。

f:id:hase9822:20170227214422j:plain

 

愛知県豊橋市で出会った陽気な親子と共に豊川稲荷を訪れました。

 

f:id:hase9822:20170227225651j:plain

f:id:hase9822:20170227225704j:plain

f:id:hase9822:20170227225717j:plain

f:id:hase9822:20170227225804j:plain

霊狐塚には、様々な表情をした物凄い数の狐が居ます。

f:id:hase9822:20170227225821j:plain

f:id:hase9822:20170227225840j:plain

f:id:hase9822:20170227225855j:plain

f:id:hase9822:20170227225909j:plain

いなり寿司、あん巻き、肉まんを買っていただきました。ありがとうございました!

f:id:hase9822:20170227225928j:plain

f:id:hase9822:20170227225938j:plain

f:id:hase9822:20170227225614j:plain

 

新・キリスト教~信仰とは【歌い、笑い、踊る】こと~