バイトとサークルしかやってない大学生が旅に出るべきである3つの理由。

f:id:hase9822:20160907113603p:plain

人生の夏休みとよく言われる大学生のこの期間。

大学生になるまでは夏休みに大量の宿題が出されて、夏休み終了間際に苦しんだ人も多いことでしょう。

 

ところが、大学生の夏休みには、基本的に「宿題」と呼ばれるものがないのです。

さらに、今までの夏休みに比べて、夏休みの期間が長い。

2倍くらいになったんじゃないでしょうか。

なので、夏休みのほぼ全ての時間を、自分の時間に充てることができるはずですよね。

 

しかし、この時間をバイトとサークルだけに捧げてる大学生が多いように思います。

これが非常にもったいない。

もちろん学生のうちはバイトしないとお金稼げないですし、サークルも仲間とワイワイできて超楽しい。

しかし本当に、バイトとサークルで夏休みを全て使ってしまっていいのでしょうか。

 

僕は、もっと、もっと、外に出て、旅に出て、いろんな経験をしていくべきだと思うのです。

 

なので今回は、バイトとサークルしかやってない大学生が旅に出るべきである理由を3つ述べていきたいと思います。

 

 

1:いろんな人に出会えるから。出会いは歴史的な事件。

手を伸ばせばつかめそうな宮古島の星空(天の川)

僕たちがだれかと出会うためには、以下の条件があります。

・宇宙に生まれなければならない。

・宇宙の中の銀河系に生まれなければならない。

・宇宙の中の銀河系の中の太陽系に生まれなければならない。

・宇宙の中の銀河系の中の太陽系の中の地球に生まれなければならない。

・人間として生まれてこなければならない。

・母親と父親が出会わなければならない。

・おじいちゃんとおばあちゃんが出会わなければならない。

・ひいおじいちゃんとひいおばあちゃんが出会わなければならない。

・ひいひいおじいちゃんとひいひいおば……(以下略)

 

これらの条件で、人間がこの地球上に生まれた結果、出会いが発生するのです。

つまり、この天文学的な確率で、ほかのだれかと出会うことは、この地球にとって、いや、この宇宙にとっての「歴史的な事件」なのです。

未来永劫、同じようなことは起こり得ないのだから。

 

そして、歴史的事件とも言える出会い。

それができる最適な方法が旅だと思うのです。

 

さぁ旅に出よう!

歴史的事件を起こしに行こう!

 

▼最近で言うと長老との歴史的事件ですね▼

 

2:「人生初体験」をどんどん経験していけるから。

f:id:hase9822:20160818231201j:plain

人生でまだやったことないこと。

たくさんあると思います。

それをしないまま死んでいくなんてまっぴらごめん。

僕は「人生初体験」を制覇したいのです。

 

しかし、人の命なんて長くはもたない。

命あるうちに、この世にある全ての初体験を制覇することなんて不可能なのです。

でもだからこそ、それをすることに意味がある。

少しでも多く「人生初体験」を経験したい。

旅をすれば、様々な「人生初体験」に出会うことができます。

 

さぁ旅に出よう!

「人生初体験」を潰しに行こう!

 

▼関学ユースでの奄美旅ではいろんな「人生初体験」を潰しました▼

 

3:自分に自信がつく。それは必ず強みになるから。

始発から終電まで働き日光を浴びず肌が真っ白な社畜

旅をすれば、自分に自信がつきます。

これは確実に言えることですね。

特に一人旅をして、いろんなことを一人で乗り切ると、自分がなんでもできるように思えてくるのです。

 

調子に乗るな?

お前ひとりだけの力じゃない?

 

そうなんです。

一人旅は多くの人に助けられてこそ成り立ちます。

実際、僕は多くの人に助けられて、ヒッチハイク旅ができました。

その感謝の気持ちを決して忘れてはいません。

 

しかし、「一人でなんでもできると思えるようになること」自体は、必ず自分にとってプラスになります。

そう思えるようになることで、行動力がつき、さらなる旅に挑んで、自分が磨かれていくからです。

そういう意味で、旅は自分を強くしてくれる最高の手段と言えるでしょう。

 

さぁ旅に出よう!

自分に自信をつけていこう!

 

▼僕が自信をつけることができたヒッチハイク旅▼

 

 

最後に

たくさんの時間が有り余る大学生の夏休み。

この期間に旅に出ることは必ず自分にとってプラスになりますし、忘れられない思い出にもなるはずです。

バイトとサークルだけじゃもったいない。

もっと、もっと、旅に出よう!

もっと、もっと、挑戦しよう!