鹿児島県立博物館の企画展「ブキミな動物」がヤバい。

鹿児島観光の際訪れた施設「鹿児島県立博物館」

そこで、ある企画展が行われていた。

 

それが「ブキミな動物」である。

 

 開催期間は平成28年7月9日(土曜日)~9月11日(日曜日)

あ、もうすぐ終わっちゃう。

入館料は無料なので、だれでも気軽に見に行くことができますよ。

f:id:hase9822:20160831090619j:plain

 

 

中に入ると、いかにもヤバそうな看板が…。

f:id:hase9822:20160831090633j:plain

自然界には、姿や形をブキミに思われて、ヒトから嫌われることの多い動物がいます。私たちは、なぜこの動物たちをブキミに感じるのでしょうか。そして、この動物たちは、どのような生活をしているのでしょうか。

さぁ、ブキミな動物たちの不思議な世界をのぞいてみましょう。

 

内観はこんな感じでして、

f:id:hase9822:20160831090646j:plain

ブキミな動物たちの標本が展示されてありました。

f:id:hase9822:20160831090705j:plain

 

以下、ブキミな動物たちのかなりエグイ画像が出てきますので、ご注意ください。

 

ヤバい展示内容をざっとご紹介。

オオゲジ

f:id:hase9822:20160831093118j:plain

引用:https://www.pref.kagoshima.jp/bc05/hakubutsukan/event/bukimi.html

いかにも、世界人口の99.99%の人間から嫌われてそうなこの生物。

ムカデ並みに足の数があるのですが、ネットで調べてみるといろいろ面白い生物だったのです。

実はこの生物オオゲジは毒をもっておらず、このブキミな見た目だけによって、人間から害虫とみなされている悲しき生物。

オオゲジはブキミな動物界の食物連鎖の中ではまぁまぁ上位にいるらしく、ゴキブリも捕まえて食べてくれるらしい。

つまり、このオオゲジを部屋に離し飼いにすれば、ゴキブリ抹殺アイテム殺虫剤なんて必要なし。

神様仏様オオゲジ様!

 

 

よっしゃ!オオゲジを離し飼いにしてみよう!…ってんなワケあるかいっ!!

 

ハリガネムシ

f:id:hase9822:20160831095117j:plain

引用:https://www.pref.kagoshima.jp/bc05/hakubutsukan/event/bukimi.html

誰でも、幼き頃にカマキリの尻からちゅるちゅる出てきてるのを見たことがあるはずです。

幼いころは面白いなぁと見てましたが、もう笑えないキモさですよねこれ。

f:id:hase9822:20160831095329j:plain

引用:https://www.pref.kagoshima.jp/bc05/hakubutsukan/event/bukimi.html

ハリガネムシについてもいろいろ調べてみましたが、調べていけばいくほど、キモイ。

なんと、寄生した宿主の脳にたんぱく質を送りこんで、宿主を操作して水辺へと移動させてから、脱出するらしい。

人間でいうと、腸の中にハリガネムシが入ってて、いつの間にかお風呂に浸かってて、尻からハリガネムシが出てきてるといったところでしょうか。

 

実際にハリガネムシが寄生したカマキリを水に浸すと、尻からハリガネムシがちゅるちゅる出てきます。

カマキリの尻からハリガネムシが脱出する映像が館内でもモニターで放送されてましたよ。

できれば見たくなかったぞ。

 

ニホンヒキガエル

f:id:hase9822:20160831101149j:plain

引用:https://www.pref.kagoshima.jp/bc05/hakubutsukan/event/bukimi.html

僕、ちっちゃいカエルなら大丈夫なんですけど、デカいカエルは無理なんです。

カエルの皮膚のぶつぶつも気持ち悪いですよね。

でもこのぶつぶつにはちゃんと意味があるらしいのです。

カエルは両生類ですから、皮膚でも呼吸をするのはみなさんご存知。

そしてこのぶつぶつは、皮膚の表面積を大きくする役割を果たし、効率良く皮膚呼吸するためのものだったです。

ちょっと見直したぞ、ヒキガエルよ。

 

最後に

これらのブキミな動物たちの他にも様々な生物が展示されてあります。モニターでも、あまり見たくないヤバい映像が流されており、入った瞬間引き返すという人も何人もみかけました。

鹿児島博物館「ブキミな動物」はもうすぐ終わっちゃうので、見に行きたいという方はお早めに。

展示期間は平成28年7月9日(土曜日)~9月11日(日曜日)

 

 ▼鹿児島県立博物館ホームページ▼

鹿児島県/鹿児島県立博物館