【元祖しろくま】白熊の本家「天文館むじゃき」に初入店!

今回は鹿児島観光。

僕たちが訪れたのは、鹿児島市の中心部天文館通り近辺です。

僕は初めて鹿児島県に上陸しました。

 

こちらが天文館通り。

f:id:hase9822:20160829092722j:plain

 

f:id:hase9822:20160829092745j:plain

落ち着いた雰囲気で良い街でした。

建物とか結構栄えてはいるんですけど、思ったより人通りも少なく、居心地も良い。

路面電車も良い感じですね。

f:id:hase9822:20160829101530j:plain

 

元祖「白熊」のお店「天文館むじゃき」入店!

「白熊」と呼ばれるアイスがあるのは、みなさんご存知ですよね。

ごく普通に、どこのコンビニでも売ってあります、こんなやつ。

 

f:id:hase9822:20160829220354j:plain

引用:http://prcm.jp/pics

 

そして、この白熊の本家が「天文館むじゃき」というお店。

f:id:hase9822:20160829092846j:plain

でっかいシロクマが立ってますね。

内観はこんな感じ。

f:id:hase9822:20160829221427j:plain

メニュー表に「白熊」の由来が書かれてありました。

f:id:hase9822:20160829100709j:plain

昔はフルーツが中に入ってて、それを上から見るとシロクマに似てたから「白熊」となったそうです。

 

うん、どうでもいい。

 

白熊食べますね。

白熊にもいろんな種類があるので、僕たちが注文したものをご紹介します。

白熊 レギュラーサイズ

f:id:hase9822:20160829092913j:plain

僕が注文したのは「白熊」 税込¥720

隣の水と比較してもらったらわかると思うんですが、レギュラーサイズでかなりの量があります。

注文する際にはレギュラーかベビーか選択することができまして、レギュラーサイズでもまぁまぁキツかった。

ていうか、寒かった。

のっているフルーツはだいたいこんな感じ。

・メロン

・バナナ

・みかん

・さくらんぼ

・すいか

・もも

・レーズン

・和菓子

・寒天

うれしいことに、結構いっぱい入ってます。

季節によってフルーツも変わってくるそうですね。

 

ヨーグルト白熊 レギュラーサイズ

f:id:hase9822:20160829100638j:plain

写真ではわかりづらいんですが、白熊の上にヨーグルトがかけられています。

 

トッピング

・ヨーグルト

・さくらんぼ

・レモン

・メロン

・みかん

・パイナップル

・もも

・キウイ

食べてたくなってきたぞ。

税込¥825

 

プリン白熊 レギュラーサイズ

f:id:hase9822:20160829223352j:plain

白熊の上にプリンがのっかっててかわいらしい。

子供に人気のメニューらしいですよ。

税込 ¥825

 

トッピング

・プリン

・さくらんぼ

・みかん

・メロン

・寒天

・すいか

・レモン

・パイナップル

・白豆

 

白餅宇治金時白熊 ベビーサイズ

f:id:hase9822:20160829100736j:plain

ベビーサイズで普通の量になりますね。

あずきが好きな方にオススメ。めっちゃ甘そう。

税込 ¥610

 

トッピング

・白餅

・さくらんぼ

・あずき

・プレッツェル

・寒天

・バナナ

・みかん

・白豆

 

南海の黒熊 レギュラーサイズ

f:id:hase9822:20160829224809j:plain

これ、ホームページに載ってなかったような…。

黒蜜をベースにした白熊のようですね。

これはもしかして伝説のメニュー!?

税込 ¥720

 

トッピングはだいたいこんな感じ。

・ 黒蜜

・あずき

・もち

・白豆

 

最後に

鹿児島県を初めて観光することができましたし、元祖白熊も初めて食べることができました。

やっぱり本家は規模がデカい。

量が多いので、くれぐれもおなかを壊さないように。

鹿児島を訪れた際にはぜひ、食べに行ってください!

 

 

 ▼「天文館むじゃき」ホームページ▼

白熊について : 氷白熊(しろくま)の本家 - 天文館むじゃき