【ヒッチハイク2日目】ヒッチハイクにお金はいらないのかもしれない。

ヒッチハイク2日目。

本当は九州にちょい入るかなぐらいで帰ろうと思っていたのですが、1日目があまりにもスムーズに行けちゃったので、

 

これ、2日目で長崎の端っこまで行けんじゃね?

いやいや、もしかしたら鹿児島の……。

 

という自信が沸々と沸いてきまして、どこまでいけるかわからないドキドキ感を楽しんでおります。

 

さぁそれではヒッチハイク旅2日目のはじまりはじまり~。

 

 

8:00 起床&朝食

友人宅に泊めてもらい8:00に起床。

友人は今日から帰省するらしく、朝早い出発となります。

友人がおごってくれた朝食。

f:id:hase9822:20160808221039j:plain

ネオバターロールフジパン♪

 

8:40 友人宅出発!

友人様ありがとうございます。ホントになにからなにまで、お世話になりました。

また会いましょう。

とか言って、ヒッチハイク旅が終了して次の日にも会うことになってるんですが。

ということで、北九州方面へ向けて出発!

f:id:hase9822:20160808170655j:plain

 

9:15 地元が同じ人と出会うという奇跡が。

下関ICへ向けて歩き始めた僕でありますが、友人宅から下関ICまでどう行けばいいのかがわからない。

ちゃんと行きしに見とけばよかったぁぁぁ。

 

ということで、そこらへん歩いてる通行人に聞き回りました。

すると、地元が同じで、出身高校も地元姫路にある姫路工業高校を卒業されてた人と遭遇。

まさかこんな本州の端っこで、姫路の人と出会うなんて思ってませんでした。

まさに奇跡。

その人の案内のおかげで下関ICの場所もわかり、なんとかヒッチハイクできそうな道路を発見。

f:id:hase9822:20160808165453j:plain

 

9:30 2日目第一号ヒッチハイク成功

平日になったためか、トラックがびゅんびゅん通り過ぎていきます。

普通車の運転手もスーツを着ていて仕事に向かってる模様。

平日になったらやっぱり難しくなるのかなぁとか思いつつ歩き始めること約10分。

 

ヒッチハイク成功!

f:id:hase9822:20160808165516j:plain

乗せてくれた方は70代くらいのおばあちゃん。

70代で車をブンブン走らせるほどの元気っぷり。

いや~、ありがたい!

 

本州の端っこと、北九州の端っこを結ぶ、関門トンネルを通過。

f:id:hase9822:20160808165552j:plain

f:id:hase9822:20160808165616j:plain

 

北九州を観光しながらガイドさんしてくれました。

古くからあるレトロな建物が並んでる。

f:id:hase9822:20160808165647j:plain

f:id:hase9822:20160808165633j:plain

 

本州も見えましたよ。

f:id:hase9822:20160808165717j:plain

そして門司駅に到着すると、、

 

「ちょっと、これ、使いなさい。」

 

2000円もらいました。

f:id:hase9822:20160808165809j:plain

 

もう、うれしすぎて言葉も出ません。

おばあちゃん、ありがとうございました!

 

10:00 便器に携帯を落としてかなり焦る。

おばあちゃんのおかげで門司駅に到着しました。

f:id:hase9822:20160808165827j:plain

「もんじ」じゃなくて「もじ」と読みますよ。

 

そしてここでトイレを借りたわけなんですけれども、なんとですね、携帯を便器の中に落としてしまったんですよ。

しかし光のスピードで便器の中に手つっこんで回収したのが良かったのか、携帯は無事でした。

いやほんと、正直焦る間もなく、なんの躊躇もなく便器の中に手をつっこみましたね。

せっかくここまで順調に来てるのに、携帯を便器に落として怖くなったから帰ります。なんてそんなこと、あってはならん。

 

10:30 女性のお坊さんに助けられる。

門司駅から南下すれば都市高速がありまして、それに乗れば福岡市方面へと行くことができます。

てことで、かきかき。

f:id:hase9822:20160808170711j:plain

 

これをリュックにつけて歩いてたんですけど、信号のところで女性のお坊さんに声をかけていただきまして、乗せてもらうことになりました。

ちょうどそこにコンビニがあったので、

 

「お昼ご飯買ったる」

 

凍ったアクエリとおにぎり、買っていただきました。

f:id:hase9822:20160808165902j:plain

 

都市高速のICまで送っていただくことに。

f:id:hase9822:20160808165929j:plain

今回乗せてくれた方は60代後半のおばあちゃん。

坊主にしてらっしゃって、お寺に参拝しに行く途中だったのです。

暑そうにしている僕を見て、助けずにはいられなかったのだそう。

まさに仏様のようなお方でした。

 

さらに、

 

「これ、使いなさい。」

 

またまた2000円をいただくという……。

f:id:hase9822:20160808170430j:plain

ここまで、いろんな方に良くしていただくとね、なんか、謎の罪悪感を感じてきます。

こんな僕のために、本当にいいのだろうかと。

しかし、罪悪感を感じるレベルで良くしていただくことも旅の醍醐味の1つ。

感謝してもしきれないほど感謝して、頂戴してきました。

 

お坊さん、ありがとうございました!

 

11:00 都市高速に到着。しかし、こっからが地獄。

f:id:hase9822:20160808170512j:plain

お坊さんのおかげで、無事都市高速のICまでやってきました。

しかし、こっからが地獄。

再び、福岡市方面のボードをもってヒッチハイクを試みるんですが、これがなかなか捕まらない。

太子東のICでも1時間ほどかかりましたし。

やはりIC付近のヒッチハイクは難しい。

車が止まりにくいんですよね。

なのでICに行くまでの信号のところでヒッチハイクやってみました。

赤信号で止まってる車を狙えば乗せてくれるかなと思ったのですが、これも全然ダメで、クッソあっつい中1時間ほど歩き回りましたよ。

 

12:10 やっと、やっと、やっと。

疲れ果てて、ボードを上げてるとやっと1台の車が…。

幻ではないのかと思ったのですが、手招きしてくれて乗せてくれました。

f:id:hase9822:20160808170532j:plain

車種わからなかったんですが、スポーツカー的なイカした車に乗車。

今回乗せてくれた方は40代くらいのおっちゃんです。

なんちゃらコンサルタントのお仕事をしているそうなのですが、今日はキャンプに行くらしいのです。

この方かなりのアウトドアオタクでして、テントとナイフををもってサバイバル生活もするのだそう。

一緒にサバイバルしたかった~~~!!

 

サバイバルのおっちゃん、ありがとうございました!

 

13:00 古賀SAに到着

サバイバルのおっちゃんのおかげで古賀SAに到着。

福岡市の手前までやってきました。

f:id:hase9822:20160808170613j:plain

ここで、お坊さんに買っていただいたおにぎりを食べます。

f:id:hase9822:20160808170628j:plain

チキン南蛮おにぎりバリうめぇ。

f:id:hase9822:20160808170727j:plain

 

先ほどのサバイバルのおっちゃんにアドバイスをいただきまして、長崎方面へと向かうなら、大きくて有名な基山PAに行くのが良いそうです。

そこなら、いろんな方面の車があるので捕まえやすいのだそう。

てことで、サバイバルのおっちゃんを信じて、

f:id:hase9822:20160808170758j:plain

 

13:40 ヒッチハイク成功。古賀SA出発!

f:id:hase9822:20160808170741j:plain

今回乗せてくれた方は30代くらいの男性営業マン。

かなり元気な方だったのですが、福岡ICで降りるのだそう。

僕的に難易度の高いICを避けて、比較的やりやすいPAやSAを経由しながら行きたかったのですが、そんなこと関係ありません。

乗せてくれることに感謝です。

後々知ったことなんですが、営業車でヒッチハイカーをのせてはいけないらしい。

まぁ当然と言えば当然か。

ほんとありがたい。

 

営業マンさん、ありがとうございました!

 

14:30 なんか、コツつかんできた気がせんでもない。

営業マンさんのおかげで福岡ICまでやってきました。

 

車がびゅんびゅん通ってます。

トラックが一番多かったなぁ。

ここでは車止める場所がないなぁと思ったので、やはり信号待ちのところまで歩きました。

すると速攻で捕まる。

 

「兄ちゃん、乗ってけ」

 

f:id:hase9822:20160808170818j:plain

今回乗せてくれた方はワイルドな男性2人組。

職業はおそらく車の整備士のよう。

グラサンかけてて若干怖かったんですが、これまた優しい方々。

バリバリの九州弁で、ちょっと聞き取りにくかったな…。

 

基山PAまで送っていただき、ありがとうございました!

 

14:45 筆箱が行方不明に。やばい、目的地が書けない!!

ワイルドなおっちゃん2人組のおかげで、基山PAに到着。

やっぱデケーなー。

f:id:hase9822:20160808170902j:plain

ちょっとアイスを食って休憩。

f:id:hase9822:20160808170840j:plain

体にしみるぜよ。

よし、次の目的地を書こう!そう思って筆箱を取り出そうとしたのですが、

 

「ない。筆箱がない。」

 

焦りました焦りました。

このまま目的地がかけなかったら、僕はいったいどうなるんだ。

そんな不安が一瞬頭をよぎったのですが、冷静に、一旦落ち着こう。

 

そう、ないなら借りればいいんです。

 

ありがたいことにサービスセンターみたいな、案内所みたいなところがあったので、そこで借りることができました。

 

なんとなく長崎方面にしとくか。

f:id:hase9822:20160808221012j:plain

さらに僕は、ここが大きくて有名な基山PAであることを思い出す。

 

 

マッキーなんか余るほど売ってるんだよ。

f:id:hase9822:20160808170852j:plain

 

15:20 乗せてもらった方の家に泊まらせていただくことに

さすが基山PA。

ナンバープレートを見るとたしかにいろんなところからやって来てる車がありました。

福岡、博多、佐賀、大分、長崎などなど。

これなら長崎行きは余裕だなと思ってたら、

f:id:hase9822:20160808170917j:plain

乗車成功。

今回乗せてくれた方は看護師さん。

大学生と高校生の息子さんがいるらしく、かなりアクティブなのだそう。

一緒にヒッチハイクとかしたいな。

 

そしてそして、今晩泊まるところは考えていないと言ったら、おばあちゃん家なら泊めてもいいよとのお言葉が。

 

こんなに、これほどまでにノープラン旅が順調に行って大丈夫なのか?

 

 

うれしい反面、この先いったいどんな困難が待ち受けているんだろうと不安になりました。

しかし、今晩泊まるあてはなかったので、看護師さんの親御さん家へGO!

 

途中川登PAで休憩。

f:id:hase9822:20160808170931j:plain

川棚町にある看護師さんのおばあちゃんの家付近。

大村湾がキレイなんですよ。

f:id:hase9822:20160808170945j:plain

 

16:45 なにからなにまで、ホント、泣きそう。

基山PAから休憩はさんで看護師さんの親御さん家まで車を走らせること約1時間ちょい。

家の中で看護師さん、親御さん、僕の三人で今後のことをいろいろ話合いました。

そして、温泉、夕食までお世話になることに。

 

ホント、泣きそう…。

 

しおさいの湯にて。

f:id:hase9822:20160808202216j:plain

f:id:hase9822:20160808202229j:plain

大村湾を一望できる露天風呂、サイコーでした。

f:id:hase9822:20160808202829j:plain

f:id:hase9822:20160808202839j:plain

 

夕食はしろさいの湯の中にある食堂で、長崎名物長崎ちゃんぽんを食す! ¥670

f:id:hase9822:20160808202818j:plain

うまーーい。

おなか減ってて急いで食べて、汗かきました。

 

今日を振り返って。

ちょっと、順調に行き過ぎ。

携帯を便器の中に落としたり、筆箱どっかに忘れたり、ちょっとしたハプニングはあったものの、2日目で長崎まで行っちゃったよ。

総距離なんと195km

f:id:hase9822:20160808222000j:plain

うん、上出来。

 

残金


10000円
+1000円(1日目のおばちゃん)
-500円(手羽先代)
+2000円(今日ヒッチハイク1人目のおばあちゃん)
+2000円(お坊さん)
-216円(アイス)

-162円(マッキー)

 

合計 14122円

  

ものすごい増えた。
恐るべしヒッチハイク旅。

今日ははやめに寝て明日に備えるゾ。

 

3日目に続く。