【YH活動記録】オープンキャンプ1日目で小学生に蹴られる。

オープンキャンプが始まりました。

オープンキャンプとは、8/3~8/5までの3日間、我々YH部員が中心となって地域の子供たちを招き、大自然の中でキャンプを楽しむ行事のことです。

今日はその初日。

今までは先輩方が運営する新歓行事に参加してきただけでしたが、このオープンキャンプでは、子供たちが楽しめるように1回生のYH部員も運営側にまわる初めての行事となります。

 

 

YH部員の5つの役職

YH部員は主に5つの役職に分かれて活動していきます。

1 カウンセラー班

カウンセラーの仕事はズバリ、子供の世話。

子供たちのお兄さん・お姉さんとなって、ヤンチャな時期真っ盛りの小学生(3~6年生)を楽しませることが主な仕事で、一番子供たちにふれあう時間が長いです。

基本的に子供の相手をするのが好きな人がカウンセラーに就くことになりますね。

 

2 レクリエーション班

レクリエーションの仕事はズバリ、遊びを企画することです。

ちなみに僕はレク班。

後々出てくるオリテンやスポーツ大会、トーチの運営が主な仕事となります。

また、肝試しやクラフト(モノ作り体験)の企画・運営などにも携わることができ、準備は大変ですが、その分やりがいのある仕事になります。

 

3 食料班

食料班の仕事は当然、食料を作ることです。

食料班がメニューを決め、食料班が作ることになります。

料理が得意な人、食欲が尋常じゃない人、女子力を見せつけたい人にはオススメの仕事と言えるでしょう。

 

4 救急班

救急班の仕事はズバリ、なんもない。

仕事と言えば、緊急時のケガの処置ぐらいですね。

救急班の仕事がないことは素晴らしいことなんですが、あまりにも仕事がないため、基本的に色んな班のお手伝いをしてます

 

5 総務補佐

役職名はカッコイイんですが、主な仕事内容は写真撮影ですね。

総務補佐も救急班と同様あまり仕事がないため、他の班のお手伝いをしています。

 

以上5つがYH部員の主な役職になります。

 

 

11:00 集合

f:id:hase9822:20160803190245j:image

 わんぱく小学生たちが保護者の方たちと共に集合。

運営側あいさつ、部長挨拶を済ませてバスへと乗り込み、出発!

 

13:00 「丹波少年自然の家」到着

f:id:hase9822:20160806223956j:plain

約2時間かけて到着です。

ちなみに僕たちが今回オープンキャンプをする場所は「丹波少年自然の家」

f:id:hase9822:20160806224325j:plain

 

エアコン、WiFi完備で結構キレイで快適でした。

f:id:hase9822:20160806224357j:plain

 

14:15 オリエンテーリング

オリエンテーション、開会式などを終え、次に行うのがオリエンテーリング。

略してオリテン。

オリテンの企画・運営はレク班の仕事になります。

ザックリ言うと、歩きながら問題を解いていく企画。

問題の置かれたポイントを巡りながら、カウ班と共に班に分けられた小学生たちが解いていきます。

有人ポイントではレク班が出す問題やゲームをやって得点を稼ぎ、無人ポイントでは筆記型のクイズが出さるのでそれを解いていきます。

難易度が高すぎて腹が立つ問題もチラホラ。

f:id:hase9822:20160806224435j:plain

こんな感じで、小学生たちが協力し合って問題を解き歩くことで、小学生同士の緊張もほぐれ、徐々に友達が増えていきます。

 

17:00 夕食

f:id:hase9822:20160806224544j:plain

1日目の夕食はパスタ。

小学生がオリテンを楽しんでいる間に食料班がせっせと作ってくれました。

しかし、とにかく量が少ない。

17時に夕食はかなり早いので、夜の空腹が半端なかった。

「おなか減ったー」と言って夜に起き出す小学生もいたので、もう少し量を増やすべきですね。

体力もたんわ。

 

19:30 肝試し

小学生が入浴をすませている間、僕たちレク班は肝試しの準備。

レク班は二人一組となって、各ポイントに分かれ、小学生がやってくるのを待ちます。

ちなみに僕の組は音で怖がらせに行きました。

 

手島葵「明日への手紙」からのHONE YOUR SENSE「THIS CHAOTIC WORLD IS OVER」で急襲。


明日への手紙 - 手嶌葵(フル)

 

穏やかな手島葵の声が突然止まり、いきなりデスボイスが鳴り響いて、それと共に僕が叫びながらヘドバンの如く頭を振り散らかすという、かなりカオスなやり方で怖がらせにいきました。

 

結果

 

小学生に蹴られる。

 

蹴られたけれども僕は満足です。

意外と小学生たちはこわがってました。

小学生たちは全く怖くないですよ感出して強がってましたが、あれは完全にビビってた、チビってた。

僕はもうそれだけで満足です。

 

これにて1日目は終了。

2日目へとつづく。