正義って、なんなんだろう。

少年が事件を起こすと、マスコミは実名を報道することができず、刑も軽いものになる。
なぜなら少年法は、犯罪を犯した少年が更生することを目的としているから。
そこに遺族、被害者側の気持ちは反映されていないのです。

 

僕が今回読んだ本、東野圭吾さまよう刃は、少年による犯罪が題材とされてます。

未成年だからというたったそれだけの理由で刑が軽くなるという少年法に、僕は納得できません。

僕はこの本を読んで、正義って、なんなんだろうと考えるようになりました。

 

ちなみにあらすじはこちら↓

長峰の一人娘・絵摩の死体が荒川から発見された。花火大会の帰りに、未成年の少年グループによって蹂躙された末の遺棄だった。謎の密告電話によって犯人を知った長峰は、突き動かされるように娘の復讐に乗り出した。犯人の一人を殺害し、さらに逃走する父親を、警察とマスコミが追う。正義とは何か。誰が犯人を裁くのか。世論を巻き込み、事件は予想外の結末を迎える。重く悲しいテーマに挑んだ、心を揺さぶる傑作長編。

 

 

 

犯罪を犯した少年、そして彼らの親がものすごく愚かに描かれている

長峰の娘を殺した2人の少年、菅野・伴﨑が、軽い気持ちで人殺しまでやってのけ、さらにはアリバイを作って逃亡までします。

その犯罪に協力する形になってしまった中井という少年も、できるだけ自分の罪が軽くなるように仕向けます。

さらに菅野の母親は、自分の息子が犯罪者であることを認めようとせず、中井の父親も、できるだけ自分の息子の罪を軽くしようと考えます。

 

このように、犯罪を犯した少年や彼らの親の愚かさが存分に描かれています。

そこにはまるで、犯罪を犯した少年は少年法で守られる価値などない!東野圭吾が叫んでいるようにも思えました。

そこで少年らの愚かさを存分に知った読者は、犯罪者に対する強い憎しみを抱きます。

そして強い憎しみを抱いた読者は、娘を殺された長峰に同情するようになる。

こんな感じで、自然に読者を、主人公である長峰の気持ちに寄り添わせることに成功しています。

 

菅野、伴﨑、中井が憎い!

警察に捕まったら、少年たちは軽い刑で裁かれてまたすぐ世に放たれる!

だから長峰に復讐を成し遂げてほしい!

でも今度は長峰が人殺しになってしまう!という歯がゆさ。

 

なんとも言えないですね…。

 

 

そもそも正義って何なんだ?

警察は逃亡した菅野と、菅野を殺そうとする長峰両者を追います。

ですが警察官である織部も、自分たちがやろうとしていることは、結果的にどちらも長峰の復讐を止めてしまうことになると考え、自己嫌悪に陥ります。

このように警察内部でも、長峰に同情する者が現れてしまうのです。

 

我々にとって菅野を捕まえようとする警察は正義だ。

しかし、警察に捕まってしまっては、長峰が菅野を殺すことはできない。

長峰にとって、警察は正義でもなんでもないのです。

法律が絶対に正しいという前提のもとで法律に従っている犬でしかないのです。

 

長峰が娘の復讐に乗り出したのは、菅野という残酷で愚かな少年を、再び世に出さないためでもあるのです。

菅野や長峰の逮捕に全力をつくす警察は、これ以上の死人を出さないために動いています。

 

警察が正義なのか、長峰が正義なのか。

この話では、どちらが正義なのか断言することはできないと思いました。

そこには、娘を殺された被害者側の気持ちと警察の立場・使命感とが複雑に絡んでいるからです。

長峰の立場になってみると、マジ、心が痛くなる…。

 

この話、ホントにいろいろ考えさせられます。

菅野や長峰がどうなるのかにも注目!

ぜひ、読んでみてください。

 

さまよう刃 (角川文庫)

さまよう刃 (角川文庫)