人生初!宝塚歌劇に行ってみて、宝塚歌劇が長年愛され続ける理由がわかった。

f:id:hase9822:20160522145656j:plain

今日、宝塚へ行ってきました。

と言っても僕は宝塚歌劇に全くといって言いほど興味がなく、一生行かないだろうなぁと思っていたんですが……。

 

僕が専修している授業の一環として、専修クラス内の希望者とみんなで宝塚歌劇を見に行こうという企画がありまして、

こういう機会を活用して思い切って参加することにしました。

 

 

 

そもそも宝塚歌劇とは?

僕も詳しくは知らないです。知ってることはせいぜい、歴史が長くて女性だけのミュージカルっていうことだけですね。

宝塚歌劇の幕開けは1914年、大正時代にさかのぼります。宝塚歌劇を創設したのは、阪急電鉄の発展に貢献し、日本初のターミナルデパート阪急百貨店の開業や、東宝グループの創設にも力を尽くした小林一三(いちぞう)翁。一三翁は、鉄道の乗客誘致の一環として1911年に誕生した「宝塚新温泉」(宝塚ファミリーランドの前身)の拡充にあたり、室内プールを目玉にした2階建ての洋館「パラダイス」を開業。しかし、男女共泳を禁止する時代環境や、温水設備がないことなどから、夏の2ヵ月ほどで閉鎖に追い込まれます。そこで、この場所を使って余興を見せようとひらめいたのが、宝塚歌劇のはじまりです。

初公演は1914年4月1日、室内プールを改造した劇場で行われました。プールにフタをして客席に、脱衣所は舞台となりました。演目は、桃太郎を題材にしたお伽(おとぎ)歌劇「ドンブラコ」と「浮れ達磨」、ダンス「胡蝶」の全3本。記念すべき初舞台を踏んだのは、12歳から17歳までの少女17名でした。

 http://kageki.hankyu.co.jp/fun/about_takarazuka.html

 

100年以上歴史があって、さらに室内プールを改造して初公演してたんですね。

ビックリですなっ

 

さらに詳しくはホームページに書かれてます。

kageki.hankyu.co.jp

 

 

これが宝塚歌劇か!

さてやってました。

阪急宝塚駅から5分もかからない。

日曜日だったので、かなり人がいました。

平日はどうなんでしょう。

f:id:hase9822:20160522145830j:plain

写真はないんですが、和服をきた宝塚歌劇団の団員がすごいんです。

出演する人たちではなかった気がするんですけど、とにかく姿勢正しいし、歩き方もキレイ。

僕とほぼ年齢変わらないとおもうんですが、宝塚オーラがすごかったです。

 

そして劇場がこちら。

f:id:hase9822:20160522145935j:plain

ステージの少し手前にスペースがあるんですが、これは音楽団用のスペースです。

ここから素晴らしい音楽を奏でてくれます。

ぜひ、見に行ってみてください。

 

ちなみに僕たちが今回見に行ったのはこちら。

「ME AND MYGIRL」

f:id:hase9822:20160522145904j:plain

笑いあり、感動あり!文句なしの作品です。

キャラの面白さ、動き、心情。

それらすべてが完璧に演じられてて、そのすべてが余すところなく伝わってきます。

劇中の撮影は禁止です。

 

 

そして僕が一番言いたいこと。

それは「オペラグラスもしくは双眼鏡が必須」ということです。

ホント、マジで、いりますよ。

これなしで宝塚歌劇見るのはかなり損してる気がする。

やっぱり一番見るべきなのは出演者の表情ですから。

女性が化粧してて、男性役の人なんかは髪型もだいたい一緒で見分けつかないですけど、演じてるときの役者の表情はみんな素晴らしいです。

細かい表情、細かい動きにも凝ってて、かなりの練習を積んだんだなぁというのも伝わってきます。

とにかく、オペラグラスもしくは双眼鏡なしの宝塚歌劇はあり得ません。

劇場でレンタルもできますので、初めて行くかたはぜひ、使いましょう。

ファンの方はマイオペラグラスを持ってるらしい。

そしてその選び方なんかもあるらしい。すげーな!

宝塚歌劇マストアイテム、オペラグラスの選び方が知りたい! | 宝塚歌劇倶楽部

 

なんやかんやで、宝塚歌劇になんの興味もなかった僕でしたが、結構楽しむことができました。

役者の演技力、素晴らしい音楽、劇場の一体感。

宝塚歌劇が長年愛され続けている理由がなんとなくわかりました。

今日宝塚行くまでは正直、宝塚歌劇が好きっていう人の気持ちがわからなかったんですけど、今日初めていってみて、なんとなくその人の気持ちがわかる気がします。

 

宝塚歌劇、絶対一度は見に行くべきですよ。

 

 

kageki.hankyu.co.jp