かなりヤバいサバイバル動画を見て、より一層サバイバル生活してみたくなった。

南米の森

サバイバル生活してみたい!

 

はい、僕は大学で旅行系の部活に入っておりまして、たぶん企画出せば来年あたり無人島とかに行ってサバイバルできると思うんです。

 

そこで、YouTubeでサバイバル系の動画を見たところ、ヤバい動画を見つけてしまった。

かなりグロテスクなので、興味のある方だけ見てみてください。

 

 

 幼虫、クモ、ミミズ、ウジ虫、シマウマを生で食べちゃうこの人。

砂嵐から身を守るため、ラクダをシェルターにしてしまうこの人。

 マジ、半端ねぇ……

こんな人間が存在するのか、敵わねぇ。と思いました。

 

でも、よくよく考えてみると、現代の人間の生活が快適でキレイすぎるのかもしれない。

肉を焼いて食べる。風呂に入る。ふかふかのベッドで寝る。

そんなことは当たり前だから、その当たり前から外れたものを見ると人間は驚きます。

ひどい場合はそれを拒絶します。

 

だけど古代人間はそうじゃなかった。

本来人間は肉を生で食べていたはずだ。

ふかふかのベッドなんてものはないし、当然風呂もない。

現代の生活とは比べ物にならないくらい不衛生な生活だった。

その後火を使うようになって、食べ物の安全性は向上しただろうけれど、飢えというものから逃れることはできなかっただろう。

 

そう考えると、この動画は、古代人間の食生活を再現しているのではないか。

古代人間の生活を見てヤバいヤバいと言っているだけではないのか。

ひょっとしたら現代の僕たちの生活も、何千年後かに、何千年後の人間たちによって、ヤバいヤバいと言われているかもしれない。

古代の人間たちがどうして、何千年後の人間たちによってヤバいヤバいと言われることを予想しただろうか、いや、予想したはずがない。

 

こんなことを、こんなグロテスクな動画を見ながら、ボーっと思ってました。

 

虫とか食べるつもりはないけど、サバイバル生活してみたい!!

無人島に行って、木の上に家作って、ハンモックとかで寝てみたい!!

今年は南の方に行って夏を満喫する予定ですが、来年絶対サバイバルする!!

 

ブログ更新も楽しみだー。